FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
金毘羅歌舞伎
2014 / 04 / 11 ( Fri )
こんにちは、後藤です

昨日家族と金毘羅歌舞伎へ行って来ました。

早島から瀬戸大橋線マリンライナーに乗り、四国金比羅へ!

時間は巻き戻されタイムスリップ、のぼりに導かれ入場するとそこは1780年の上方、三味線、
ぼんぼり、狭い客席は満席の中3時間30分の公演。

役者さんの風体と、聴いていても理解できない台詞と、三味線、提灯、異次元パーク、
300年前の日本庶民の生活と親子の情を聞くで無く感じる事が出来ました。

1397176836583.jpg

1397176823033.jpg

1397176765420.jpg


1397176874589.jpg

1397176784205.jpg


1397265272920.jpg

内容は
4月10日、30回金比羅歌舞伎特別講演
お題は、女殺油地獄、近松門左衛門作『天満のほうとう息子と上方手嶋屋お吉』

舞台は上方、油屋の殺人事件
大阪天満のほうとう息子与平と上方シャキシャキ奥さんお吉が演じる
世は一晩5倍の高金利の借金地獄に苦しむ与平が油屋お吉に借金をせがむが
無理の一言に激昂した与平が高恨み、油まみれの中にお吉を殺す。

クライマックスは暗闇の中をツルリン、ころりんの演技にドキドキ
三味線の音と、暗闇の提灯の灯りと、歌舞伎台詞による人の会話、
昔の庶民は、生活を音と光と会話によるコミュニケーションを楽しんでいたのが
よくわかりました。

1397176851324.jpg

初めて観に行きましたが、役者に手が届くような距離での舞台、気迫あふれる演技に感動しました

みなさんもぜひ一度ご覧になってみてください。



スポンサーサイト
10 : 12 : 25 | プライベート | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<箆取神社 | ホーム | みやま公園>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://blog4628.blog39.fc2.com/tb.php/67-b72b52df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。